人魚 染野太朗

2017.06.03 Saturday 14:15
0
    「人魚」 染野太朗 KADOKAWA

    染野太朗氏第二歌集。

    まずは十首選。(めちゃくちゃ悩みました)

    早さではなくて想いがほしいのだが 欲とは初夏の水に似ている

    思いきり息を吸い込みこの肺の小さきことを冷たきことを

    夕焼けに手を振るような恥ずかしさ君が欲しいと強く思えば

    尾鰭つかみ人魚を掲ぐ 死ののちも眼は濡れながらぼくを映さず

    海を見に行きたかったなよろこびも怒りも捨てて君だけ連れて

    カーテンが冬のひかりを溜めていく ことばにならぬ感情はない

    唐揚げと昆布巻きひとつずつのこる食卓 苦しいな家族は

    好きなものを好きと言えないわたくしを仏像として拝んでほしい

    夕空がぼくよりぼくであることのふいにあふれてきたりあなたは

    消えざれば声にはあらず まだだ、まだ足りない、と声 火のように声



    6章からなる読みごたえのある一冊です。

    恋人とのこと、教師としての仕事のこと、歌人としての仕事のこと、両親のこと。
    様々なテーマがときに息苦しいほど迫ってきます。

    実体験と密になった描写、たとえば上記の二首目のように肺の小ささを呼吸で感じたり、
    コーヒーのグラスを覆う水滴の海の記憶に指は冷えたり とグラスの水から海を連想したり。
    読み手に伝わるダイレクトさがあります。

    上記の三首目、九首目のような、感情の高ぶりをどこか客観的に見ているような、自分を突き放しているような歌も目立ちます。

    家族に対する混沌とした感情は、誰しも経験があるのでしょう、特に血のつながりのある相手に対しての愛情と鬱陶しさが、読んでいて苦しい。まるで自分のことのように思えてしまいました。

    震災のときの歌も前半に目立ちます。
    生徒と非難しながら、やはりどこか客観的に自分たちを批判・非難しているようなところだったり、なんだろう、シニカル? 自分を甘やかさない方なのかなあ。

    結局人魚ってなんなのかなあ。

    全体を通して、靴両呂気になります。なんだろう、こう、むずかしい。

    うーんうまくいえない。
    また後で書きなおしにきたいですが、ひとまずたたき台として。




    category: ├  短歌 | by:千束comments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2017.10.07 Saturday 14:15
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         

      PR
      Calender
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      favorite
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM